今、活躍できるライター像とは その2

■短い文章のうまいライターになる

皆さんが思う、いわゆる「コピーライター」ではありませんが、短い文章やフ
レーズがうまく書けるライターが重宝される傾向が出てきました。

理由は…おわかりですよね。

ネット系媒体では、長文を読ませることのできる環境を作るのが難しいんです。
紙媒体からネット(Web)に移ったデザイナーさん曰く、
「ネットで長文を読ませるレイアウトは難しい」
とのこと。

実際携帯小説や、芸能人のブログを見てもわかりますよね。
私のような「おっさん」には理解不能ですが、

隙間や改行を多用した文章。
句読点がない文章。

短い文章でどう心に訴えかけるかが要求されるんです。

そのため、長い文章を緻密に書き込めるタイプよりも、短い文章やフレーズで
強いインパクトを読者に与えられるタイプのライターが好まれるようになって
います。

もちろん、長文には長文の役割があります。
ですが、絶対的な仕事量としては、短いもののほうが増えているのも事実です。

———————————————————————-

■ネットでの見せ方を知っているライター、
          ネットでの「目的」を達せられるライターになる

これが、難しいポイントかもしれません。
今までライターは、よい編集者にさえ巡り会えればうまく成長できたものです。
編集者が、読者の代わりにいろいろ教えてくれる…そんな時代は終わったのか
もしれません。

というのも、我々ライターに求められるものが高度化している部分があるから
です。それがこの「ネットでの見せ方」と「ネットでの目的を実現できる力」。

【ネットでの見せ方とは】

ライターは文章を書きさえすれば、あとは編集者がうまくまとめ、デザイナー
がきれいに読みやすくレイアウトしてくれる、というのは紙媒体の話。

ネット媒体では、ある程度フォーマットが決まっているため、ライター自身が
工夫しないと、読ませることすらできません。

・一行、一文の長さ
・改行の回数

などなど、細かいところに工夫が必要です。
このメルマガでは、そんなに細かい工夫はしていませんが(笑)。

以前、ライブセミナーでそういう講座を開きましたが、ネットにはネットの書
き方があるんです。それは、私も某社でネットメインの仕事をするようになっ
てはじめてわかったことでした。
ある意味、カルチャーショックでしたね。
「文章のセオリーとルール」を一度根底からぶちこわすような感じでしたから…。

例を挙げると、

・ある媒体では「行頭の一字下げ」はしない ※このメルマガもそうしてますね
・ある媒体では「。」がきたら必ず改行
・ある媒体では、特定の専門用語の前後に半角スペースを入れる

などなど。
他にも、紙ではやらない習慣、ルールもたくさんあります。

ですから、知識としてこうしたことを身につけることが必要なワケです。

             ■ ■ ■ ■ ■

【ネットでの「目的」を達するとは?】

これ、わかりにくいですよね。
簡単に言うと、読者に「行動」を起こさせる文章を書くと言うことです。

紙媒体だと、読者に直接アクションをとらせるものは少ないのです。
求人誌とか、通販誌くらいでしょうか。
こうしたものを除けば、読者がどういうアクションをしたかでライターの良し
悪しが評価されることはありません。ライターの評価は、読者アンケートはが
きや読者への聞き取りで行われることがほとんどです。
「つまらない・ふつう・おもしろい」 こんなのを選択する、アレですね。皆
さんも一度ははがきを送ったことあるんじゃないでしょうか。

ところが、ネットでは違います。
たとえば私がある会社の求人広告記事を書いたとしましょう。
この広告にどれだけ応募があるか。
それがライターの判断材料になるのです。

ということは…?

「文章を読んで、読者を動かす」
という技術が必要になるわけです。

しかし、これは諸刃の剣。
あまりに読者を誘うような…たとえば射幸心を煽るようなことを書いて、逆に
クレームに繋がってしまったケースもありますし、読者を動かしたいがゆえに
「誇張」「うそ」を書いてしまうことだってあり得ます。JAROモンですよ。ホ
ント。

ともあれ、今までのライターには要求されなかった、どちらかというと広告の
コピーライターに近いような能力が要求され始めているのです。

何しろ、WEBやメールマガジンは、リンクをクリックするという方法で、読者
も読んだそばからアクションを起こすことができるのですから。

———————————————————————-

どうでしょう。
難しそうですよね。

でも、きちんと知識や技術をマスターすれば、大丈夫。
今のご時世、ベテランだってうまく対応できてないですから。
逆に言えば、チャンスです。
新時代型のライターとして、活躍するチャンスです。

もちろん「逆張り」も可能でしょう。
みんながWebWeb言うところで、あえて紙専門でいく。
それも、アリです。

関連する投稿

この記事にコメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メルマガ登録(まぐまぐ)



↑パソコン用のアドレスをどうぞ


ライター本好評発売中!

ツイッター始めました

Twitterボタン
Twitterブログパーツ ブログパーツ 無料.com

主催者プロフィール

講師 臼井隆宏
■臼井隆宏(うすい・たかひろ)
1974年埼玉県生まれ。進学塾講師を経て、コンピュータサポート業をスタート。96年末より、儲からない社業とは別に「コネなし、実績なし」からライター業に進出。以後、各誌に寄稿する傍ら、97年からは自社ライター育成にも注力。 05年、ライター講座ドットコムを開設。株式会社ユータック代表取締役。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン