不況下でも頼られるライターになる!その1 速さは力

■現状をもう一度分析しよう

世は経済不況。

そして、我らが出版業界は「出版不況」と呼ばれる状態が続いています。
ここでもう一度現状をまとめてみましょう。
復習なので、超ざっくりと。

●経済的な不況で、おいしい仕事は減る傾向にあること
●出版不況で、書籍や雑誌の仕事は減る傾向にあること
●Web・ネット系媒体へのシフトが進んでいること

これらの状況から、以下のようなことが導き出されました。

●ネットに対応するには、短い文章の巧拙が重要だということ
●ネットでの「アクション」を導き出す文章が書けるといい、ということ
●仕事の効率、仕上げる速度が重要になるということ
●ギャラの高いベテランの代わりに、新人や副業ライターの出番が増えるかも
 しれない、ということ

では、これらを踏まえて、今後ライターとしてデビューするにはどのような準
備をしたらいいのでしょう。

 

■とにかくスピーディに仕事ができるようにしよう

かなり前になりますが、某社製パソコンのテレビCMで

「速さは力」

というものがありましたよね。雑誌広告などでもこのフレーズが使われていま
したから、見覚え・聞き覚えのある方も多いことでしょう。
だから何、といわれると困るのですが(笑)。ライターもずばり「速さは力」な
のです。

今までの繰り返しになりますが、ネット媒体が中心になってから、仕事を引き
受けてから〆切までの期間が全体的に短くなりました。そのため、とにかく素
早く仕事をこなせることが、今後ライターとして成功するための第一条件にな
った、と言えます。
もちろん、書籍や雑誌をメインの仕事場とするならば、そこまでのスピードは
求められませんが、速く書けるようになればその分準備や取材、推敲に時間を
掛けられるようになるわけですから、スピードを身につけておいて損はありま
せんよね。

ただ、注意しなくてはならないのが、やみくもに速さだけを追求した結果、品
質ががた落ちしてしまってはダメ、ということ。
原稿の品質を維持しつつ、書くスピードを上げる。
これが重要です。

一見、品質と原稿を書く速度は相反することに思えるかもしれませんが、実は
そうではないのです。書くスピードを上げながら、さらに品質を上げることだ
って可能なんですよ。

関連する投稿

この記事にコメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メルマガ登録(まぐまぐ)



↑パソコン用のアドレスをどうぞ


ライター本好評発売中!

ツイッター始めました

Twitterボタン
Twitterブログパーツ ブログパーツ 無料.com

主催者プロフィール

講師 臼井隆宏
■臼井隆宏(うすい・たかひろ)
1974年埼玉県生まれ。進学塾講師を経て、コンピュータサポート業をスタート。96年末より、儲からない社業とは別に「コネなし、実績なし」からライター業に進出。以後、各誌に寄稿する傍ら、97年からは自社ライター育成にも注力。 05年、ライター講座ドットコムを開設。株式会社ユータック代表取締役。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン