ちょっと休憩~おかしな日本語

▲「すいません」ってナニ?

 たまに見かけるのだが、メールなどで「すいませんが、今回の会議は明日に
延期していただけますか?」というように「すいません」という書き方をする
方がいる。
「すみません」ですよ。この手の「音的に正しいと思って書いちゃう」という
ことがよくある。

▲「ふいんき」じゃ変換不能

 もはや笑い話だが「雰囲気」を「ふいんき」だと思い込んでいる人もいる。
ふいんき、で変換してごらんよ。無理でしょ。中には「雰囲気」を「ふいんき」
という読みでわざわざ単語登録している人もいるという。

▲「やもえん」ってなんだよ

 「やもえんが、今回の話はなかったことに」
 おいおいおいおいおい。「やむをえん」でしょうが。漢字で書けば「止むを
得ん」だ。「やむ負えない」と書くひともいる。辞書ひいてくれよ辞書。

▲ 漢字の使い分けも難しい

 「ついきゅう」っていう読みの漢字はいくつもある。
 追求、追及、追究、追給、追窮。
 追給はちょっと意味合いが違うので間違えないだろう。
 追窮は追究とおなじ。
 では、残り三つの使い分け、ちゃんとできる?

関連する投稿

この記事にコメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メルマガ登録(まぐまぐ)



↑パソコン用のアドレスをどうぞ


ライター本好評発売中!

ツイッター始めました

Twitterボタン
Twitterブログパーツ ブログパーツ 無料.com

主催者プロフィール

講師 臼井隆宏
■臼井隆宏(うすい・たかひろ)
1974年埼玉県生まれ。進学塾講師を経て、コンピュータサポート業をスタート。96年末より、儲からない社業とは別に「コネなし、実績なし」からライター業に進出。以後、各誌に寄稿する傍ら、97年からは自社ライター育成にも注力。 05年、ライター講座ドットコムを開設。株式会社ユータック代表取締役。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン